緊急分析:米国4G通信で『WiMax』復活の兆し?とNTTドコモのFD-LTE iPhoneXは投入されるか?

新たな4G通信は、LTEとWiMaxが定義されている。
WiMaxは、ガラパゴス日本以外では『死に体』だったがここに来て米国の一部地域でゾンビのように復活するかも知れない。
しかしながら、4G通信の本命は"LTE"である。
筆者は、Apple社もLTEの技術を搭載した4G iPhoneXの投入を考えているだろう。
そういった点では、世界で最もLTE技術が進んで、市場投入したNTTドコモとは2012年Xモデルに、FD-LTE iPhoneXの投入は十分想定内であろう。
その場合、iPhoneユーザーは一気に、NTTドコモに乗り換えが発生する可能性もあるが、LTEは日本列島の末端までインフラが整う訳ではない(現時点では都市部)ので、多少時間的にはソフトバンク社は延命出来るかもしれないが、『更なる通信土管の安売り王』に徹する事しか差別化戦略が取れないので、当然ながら利益率は低下する事が予測される。
Apple社も4Gベースバンドの技術は欲しているだろう。
そして、NTTドコモもスマートフォンとLTE立上げでお互いの利益は一致する事になる。
さて、1年後の未来予測はどうなるでしょう?

※関連記事:NTTドコモ、4G・LTEに8800億円投資へ
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-24192720111116
※関連記事:「Xi」(クロッシィ)
http://www.nttdocomo.co.jp/xi/

このブログの人気の投稿

日本への未来予言

緊急分析:第三次世界大戦の未来予言と回避手法

シリーズ3:日本(国)ハイテク産業への改革提言⑨