ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年12月28日水曜日

緊急分析:LED世界トップシェアは台湾

"Facebook内の分析"
日本LEDメーカー敗北。
シェアトップは台湾。
日本政府の無策がニッポンハイテク業界を滅ぼし、日本人の雇用を奪われて行く事になる。
台湾ハイテクメディアのDigiTimes社によれば、2011年の台湾LED市場(チップ、エピタキシャルウェハ、モジュールパッケージなど含む)は金額ベースで前年比0.4%減の45億3700万ドルとなり、世界シェア1位になったと発表している。
40W電球型LEDで1個当たり11~12米ドルと、価格競争力を背景に韓国でLED産業が急速に拡大している。韓国メーカーではコスト削減のため台湾メーカーから部材を調達しており、韓国のエピウェハメーカーでは稼働率が40~50%程度に低下している。