ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年12月6日火曜日

緊急分析:AM-OLED製造も中国の時代に!!

"Facebook内の分析"
中国がいよいよAM-OLED(アクティブ型有機EL)製造に乗り出す。
日本が設備投資をして大量生産出来なかった技術である。
何故、中国は出来るのか?それは世代遅れの液晶ラインの工程を一部流用することで投資額が少なく出来るのでる。これでジャパンディスプレイ社には勝機はなくなるだろう。
中国は、日本、韓国をも製造追い越すことになる。
台湾ハイテクメディアDigiTimes社によれば、台湾や中国のLCDメーカーがOLEDの量産を2012年に開始するため開発を進めている。
OLEDは韓国Samsung Mobile Display(SMD)社、LG Display社が事業化で先行しており、2012年には生産能力増強のため両社で合計72億ドルが投資される見込みである。
中国ではBOE Technology社が34億ドルを投じて開発を進めている他、 Irico Group ElectronicsやTianma Micro-electronicsも2012年にOLEDの生産を開始する模様である。
台湾でもAU Optronics(AUO)社がシンガポールに第4.5世代(4.5G)OLEDラインを構築、2012年から量産を開始する他、台湾Chimei Innolux(CMI)社も 第3.5世代(3.5G)OLEDラインを構築している。