ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年9月1日木曜日

緊急分析:デジタルTVの時代は既に終わった!!その先の未来は?

"Facebook内の分析”
従来モデルのデジタルTVの時代は終わった。
これからはスマートTV(第一世代フルHD)がコミュニケーション・インターフェィスデバイス(ツール)となり、第二世代は4K2Kのスマートモニタとなる。未来は既存のTV放送局は存在しえない、皆さんに分かり易モデルイメージを紹介するとAppleTVでああろう。
4K2Kの世界は来年から始まり、映像世界は大きく変わる。
この未来を見込み切れない企業は、この市場から退場して行く事になる。
Apple社もグーグル社(Youtube)も4K2Kに開発注力している。
4K2Kの世界のスマートTVは、ネットワーク型かつマルチウィンドウ『パレットTV』を進化する。
この世界は日本企業としては、東芝が席巻する可能性を秘めている。
未来テクノロジとビジネスモデルを読めない企業は、ハイテク産業の時間で1‐2年で勝敗がつくだろう。

※関連記事:テレビはコミュニケーションデバイスへ、ホームネットワークが2012年に迎える新たな変化
http://eetimes.jp/ee/articles/1109/01/news063.html

【ブログ内の検証】
●2011年1月5日水曜日シリーズ6:ハイテク日本再起動計画の提言➂
http://a-gd.blogspot.com/2011/01/6_05.html
▮日本電機メーカーは3DTVから「勇気ある撤退宣言をし、スマートTVに事業集中せよ!」:パレットTVの登場
●2011年1月8日土曜日
シリーズ6:ハイテク日本再起動計画の提言④
http://a-gd.blogspot.com/2011/01/20114k2k.html
▮ハイテク界の大予言:2011年"4K2Kとワイヤレス給電(SWPT)"開発は主戦場となり参入せぬ企業は必ず時代の『敗者』となる