ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年9月2日金曜日

緊急分析:アーキテクトGD社の未来予測通り4K2Kの世界がやって来た!!

"Facebook内の分析”
‎4K2Kのテレビ市場投入、この4K2Kで世界は大きく変わる。
フルHDのような汚い映像でなく、より自然な高精細の映像に。
女優さんは、今まで以上に毛穴まで見える映像能力の肌再現性なので、お困りになるかもしれない。

関連記事:【IFA 2011】東芝、4K2Kの55型グラスレス3D液晶テレビ -年内発売。視聴位置に応じて3D最適化。新PCも

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110902_474769.html

"Facebook内の分析”

テレビの時代は終わった。
これからはスマートTV(第一世代フルHD)がコミュニケーション・インターフェィスデバイス(ツール)となり、第二世代は4K2Kのスマートモニタとなる。
未来は既存のTV放送局は存在しえない、読者の皆さんに分かり易モデルイメージを紹介するとAppleTVであろう。
4K2Kの世界は来年から始まり、映像世界は大きく変わる。この未来を見込み切れない企業はこの市場から退場して行く事になる。
Apple社もグーグル社(Youtube)も4K2Kに開発注力している。
4K2Kの世界のスマートTVは、ネットワーク型かつマルチウィンドウ『パレットTV』を進化する。
この世界は日本企業としては、東芝が席巻する可能性を秘めている。
未来テクノロジとビジネスモデルを読めない企業は、ハイテク産業の時間で1‐2年で勝敗がつくだろう
【ブログ内の検証】
●2011年1月8日土曜日
シリーズ6:ハイテク日本再起動計画の提言④
http://a-gd.blogspot.com/2011/01/20114k2k.html
▮ハイテク界の大予言:2011年"4K2Kとワイヤレス給電(SWPT)"開発は主戦場となり参入せぬ企業は必ず時代の『敗者』となる