ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年9月18日日曜日

緊急分析:2011年11月3日キヤノンがハリウッドで発表する歴史的な事は?

"Facebook内の分析"
キヤノンが命運を掛けた発表をハリウッドで行う。
2011年11月3日。
その内容は公開されていないが恐らく4K2K動画カメラが本命であろう。
ハリウッドで三流会社が超一流会社に成り上がる歴史的瞬間である。
映画はフィルムからデジタルへ。
シネマはデジタルシネマへ。
カメラはフルHD動画を越え4K2Kとなる。
プロの映画からコンスーマーの時代に来るのも数年先である。
この世界の到来はデジタルカメラに終わりを告げる。
これが私が創り出す未来である。
女優さんは本当に困る時代になるかもしれない。
この予測はこの分析で世界で唯一ここで公開している。

”Facebook内の分析”
フルサイズセンサーミラーレス、恐らくムービーの4K2Kカメラが大本命。
未来の映像世界は大きく変わります。
モニタも4K2Kが東芝から100万円でリリース。
筆者が世の中に説いてきた戦略は3Dではなく、日本最後の直球勝負は4K。
中国と韓国は直ぐには追いつきませんが、出力装置は数ヶ月程度アドバンテージ。
入力装置は3年。勝負は2014-5でしょう。
ここで日本が粘れるか?
粘れれば8K4Kで巻き返しを202X年で勝ちにいけるでしょうが、GoogleとAppleが前哨戦の4Kで日本を攻め立てるでしょう。
余り詳細に解説すると敵に塩を送る事になるので、これくらいにしておきましょう。

※関連記事: キヤノン、11月3日の「歴史的発表」を予告
http://www.blogger.com/post-create.g?blogID=1563002392411992609

【ブログ内の検証】
●2011年1月8日土曜日
シリーズ6:ハイテク日本再起動計画の提言④
http://a-gd.blogspot.com/2011/01/20114k2k.html