ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年1月5日水曜日

シリーズ6:ハイテク日本再起動計画の提言➂

▮日本電機メーカーは3DTVから「勇気ある撤退宣言をし、スマートTVに事業集中せよ!」:パレットTVの登場
筆者は、今回のCESで一番注目しているのは、東芝レグザ 4K2KのスマートTVである。
このことは、前のブログテーマ” シリーズ6:ハイテク日本再起動計画の提言➁”でも取り上げている。
東アジア企業が物まね出来ない「テクノロジと仕掛け」で日本電機メーカーは、グローバルで戦うことがデフレ脱却と”メイド・イン・ジャパン”ブランドの復興となる。

※関係記事:東芝:半導体などでサムスンと協業-11年度設備投資1割増
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=a81IMH8Nhp3Q
そして、韓国企業がアドバルーンを上げる3Dなどブームには決してのらず、社会に貢献出来(子供や高齢者の健康に優しい技術、人と融和する技術)、夢のあるモノづくりこそが日本企業に今必要なことである。
※関連記事:サムスンとRealD、共同開発の3Dテレビ技術をCESで披露へ
http://japan.cnet.com/news/business/20424657/


※関連記事:任天堂:6歳以下には立体映像見せないで-1月の「3DS」体験会で
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920000&sid=aQ_l4bj3TZMg

【ハイテク産業界の未来予測ブログの検証】
2010年8月5日木曜日 シリーズ4:日本半導体要素技術の『明暗』の評価 ➁
▮AGDの予測シナリオ通りに、健康被害が出始めた3D映像ビジネスのリスク

再度、日本電機メーカーは、武士道を取り戻し、良識を開眼して欲しい。

2011年秋の量産に向けた4K2K技術をベースにした製品開発は、今まさにスタートしたばかりである。
日本の電機メーカーの経営・開発陣に大きなミスを犯して欲しくないのは、4K2Kは従来製品の延長上で、絶対に開発をしてはならないということである。
この新しい世界は、創造力が必要で、戦略とコンセプトが開発の鍵となる。
そして、4K2Kワールドは、新たな映像表現の場を広げ、プリンタレス(デジタル一眼などで撮像した映像をダイレクトにスマートTVに表示、データセンターのサーバーにデータを保管)を加速させることになるだろう。
また、この4K2Kワールドは、映像(静止画&動画)とコンピューティング・ネットワークとのトリプル・コンバージェンスとなる。
残念ながら、日本はスタンダーロン型TV分野では力を発揮出来るが、”コンピューティングとネットワーク”は、極めてお粗末なレベルである。(この意味は、日本の技術者が能力がないということでなく、この領域でデファクトを絶対に取れないということである)
よって、米国企業(OS、システム、デバイス)との戦略的エンゲージにより、より優れた技術や部品を誰よりも先に確保出来るかという『グローバル人脈ネットワークを活用した目利き能力』が問われる。
下記は、東芝56インチの『大型グラスレス3Dテレビ』のCES出展プロトタイプの記事である。

※関連記事:CES2011:東芝、40インチ以上、4K2K対応の裸眼3Dテレビを発表
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/030/30383/

ソニー・パナソニックより、PCで世界で戦い、世界市場と市場動向を正しく理解し、明確なるTVの世界戦略を打ち出している『流石、TVの東芝という製品』と筆者は評価している。
2Dモードの4K2KスマートTVが、パレットTVと言われる次世代主力商品のコンセプトであり、3DTVのブームは去り、世界はこのTVを本命として開発激化する。
映像(静止画・動画)とコンピューティング・ネットワークとのトリプル・コンバージェンスの意味は、映像とテキスト情報(PC情報)+マルチ情報を高精細に、画面を映像のパレットとして表示画面を使うということなのである。

新アプリケーション創出は、遊び心を持った電機メーカーの技術次第であり、それを寛容な目で見る経営者とのコンビネーションによって、実現出来るのである。
これこそが、世界戦略製品へと繋がるのである。