ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年9月15日木曜日

緊急分析:国外脱出計画を練るエルピーダメモリ

"Facebook内の分析"
円高による『半導体メーカーの国外脱出組のエルピーダメモリ』、既に台湾での製造比率は高い。野田首相が円高を止めきれない限り、日本国家経営を支える1つのセグメントのハイテク産業は、国外へ向かう。
ハイテク産業の実態は、既に国外脱出が多い。
影響は、産業の空洞化という単純なものではなく、雇用を失い、一番問題なのは人を通じてノウハウと技術がアジア企業に流出することである。
福島第一原発事故だけが課題ではなく、東北復興ばかり目を奪われている復興財源も作れない。マスコミは震災対応ばかり煽りたてるが『俯瞰力』を持たないと国家破綻を加速させることになる。

※関連記事:エルピーダが国内生産能力を台湾に移設検討、円高・市況悪化で
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23199220110915
※関連記事:エルピーダが広島工場の生産能力移設を検討、台湾子会社へ
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-23199120110914