ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年9月30日金曜日

緊急分析:新興国ブラジルでのApple社の躓き

"Facebook内の分析”
何故、Apple社がブラジルでiPadを生産しなければならなのか?
皆さんは不思議に思うでしょう。
ブラジルには高い関税があり、しかも複雑なグレードに作られている。
オリンピック、ワールドカップなど新興国ブラジルでApple社がもの売り販売をしようとすると海外生産品には『高い関税がかかる』。
Apple社はファブレス企業であり、のEMSはFoxcon社、同社がブラジル工場進出をする事になっている。
しかし、ブラジル政府Apple社を容易に優遇措置容認はしないだろう。
何故か
ブラジルにはサムスン電子やLG電子が現地工場を持ち、Apple対策の為に、当然当局にロビー活動もしているだろう。
それは、Apple社との価格競争(関税)で優位に戦うために、そして少しでもブラジル生産を遅らせる為にも。
Appleの成長戦略もブラジルという韓国勢優位市場では、躓いているのである。
日本のマスコミなどは何も知らないことである
これで、事業投資をしている日本企業はこの先生きてはいけないだろう。日本企業でブラジル市場開拓で、現地工場またはEMSソリューションで関税対策を真剣に考えているのは少ない。

※関連記事:ブラジルでの「iPad」生産計画に暗雲、政府との交渉難航=関係筋
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-23424220110930
※関連記事:Foxconn、ブラジルの工場建設計画が難航か--Reuters報道
http://japan.cnet.com/news/business/35008352/?tag=topMain