緊急分析:2016年スマフォに搭載されるタッチスクリーンはほぼ100%になる

"Facebook内の分析” 2016年までにはほぼ100%に近いスマフォがタッチスクリーン搭載機となる。
方式は、静電容量のままだろう。
世界のスマフォからリアルな”タッチキー”は、消えるだろう。

※関連記事:2016年には97%のスマートフォンがタッチスクリーン搭載に、ABI Researchが予測
http://eetimes.jp/ee/articles/1109/01/news057.html

米国ABI Research社はエマージング&成長市場をきちんと評価している米国調査会社である。
同社のによると、2016年にはスマートフォン全体の97%が、タッチスクリーンを搭載したものになるという。
2010年の時点では75%だったので、6年間で20%以上増加するということである。






このブログの人気の投稿

日本への未来予言

緊急分析:第三次世界大戦の未来予言と回避手法

シリーズ3:日本(国)ハイテク産業への改革提言⑨