ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年10月24日月曜日

緊急分析:『大躍進する中国ケイタイ市場と最大通信キャリア中国移動の状況』

"Facebook内の分析”
【中国携帯市場規模の筆者評価】
➀2011年9月26日中国工業情報化部によれば、8月末時点で中国の電話利用者が12億2900万人に達したことを発表。
また2011年1―8月、中国の携帯電話利用者は、8108万2000人増加し、9億4008万5000人に達した。
この内訳は、3G携帯電話利用者は9412万1000人を占めている。
同期ブロードバンド・インターネットユーザーは、2033万2000人増加し、1億4662万3000人。

➁2011年10月21中国の国営3大通信会社の1つ、中国移動(チャイナ・モバイル)社が9月の経営状況を発表した。
この報告書によれば中国移動1―9月の営業収入は2010年同期比8.8%増の3838億4600万元(約4兆6124億5000万円)。
同期の純利益は同期比5.4%増の919億7800万元(約1兆1052億4500万円)。
9月、中国移動の利用者は差し引きで588万9000人(件)増加、1―9月累計では4950万人(件)増加し、6億3517万人に達した。
この内訳は、3Gユーザーは9月に284万3000人、1―9月累計で2246万人増加し、4316万人に達している。
また9月の利用者一人当たり料金は70元、平均利用時間は526分になっている。
これが、中国モバイル市場実態である。日本のNTTドコモ、KDDI、SBMのビジネスは誤差の範囲。
この市場に注力する半導体と液晶パネルメーカーは永遠にガラパゴスなのである。
そして、中国移動の成長ビジネスモデルは『サービス』に注力する。
ここに食い込むには、中国トップ人脈が必要である。

➂2011年10月13日、香港で第4回CEO人材資源会議が開催された。席上、中国移動(チャイナ・モバイル)の王建宙会長が、中国移動の業務状況について説明会を行っている。
王会長は、中国移動のネットワークを利用しているiPhoneユーザーは、毎月100万人ペースで増加を続け、9月末時点で950万人を突破したことを明らかにした。
Apple社社との具体的な協議は、未だ達成できていないようである。
今後の中国移動については、中国移動の高度成長期はすでに終了したため、今後は成長率の鈍化に対応していかなければならないと指摘いる。
具体的には、従来のように通話・メール業務で利益を上げることは難しくなるため、『データサービスやインターネットインフラ建設業務に力を入れていく方針』であると説明している。
ここに勝機が生れる。
この市場に食い込むにはデバイスではなくトータルソリューション力と新課金モデルの提案が出来なければならない。