ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年10月14日金曜日

緊急分析:米国ティーンエージャーのコンドーム使用率が上昇に見る新ビジネス

"Facebook内の分析”
今日のロイター通信社の記事アクセスランキング1位である。
米国CDCの調査結果である。
米国若者の性教育の意識レベルが向上(HIV感染防止)かそれとも経済危機への自己防衛策か(生活苦回避)?
前者が正しい解であろうが、心理的には経済の不安もあるだろう。
当然、安全・安心+メンタルとは関連があるのである。これもヘルスケア&セルフメディケーションの新たなビジネスモデルとなる。
ヘルスケアに注力し(新規事業創出)、国民一人一人が意識を高めビジネスの芽が育つ事は長期的に見れば『医療・介護など社会保障費を大幅に削減出来』国家経営のアセットをライトに出来る恥である。
これは増税に頼らず、法人税の税収UPと日本の産業基盤確立となる。
その為には、日本医師会・厚生労働省・経済産業省が規制緩和と連携した政策をインフラを整備しなければならないと筆者は考えている。

※関連記事:ティーンエージャーのコンドーム使用率が上昇=米調査
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-23606520111013