ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年10月25日火曜日

緊急分析:『4K2K映像分野に参入しない日本企業は未来に死が待っている』

"Facebook内の分析”
‎2011年11月3日キヤノンはハリウッドに、次世代画像エンジンDIGIC5Pulsを搭載した4Kカメラソリューションで殴り込みをかける。
先行メーカーはドイツ、米国、そして市場最強のカメラマシンを投入したソニー『F65』。
その横綱相撲界に参戦するこだろう。
まだ公式発表は無いが筆者の近未来予測である。
4k分野は様々テクノロジー分野にその波及効果をもたらずがこの詳細は、この場で語ることは止めておきましょう。
ブルーレイ規格に大きな影響を及ぼしたハリウッドはこれからの映画はデジタシネマの4kに移行する。
よって、日本企業の株式時価総額第一位のキヤノンが公式な発言として『キヤノンの歴史上と言う表現を使っている』のです。
プロ⇒業務用からコンスーマーは当然の流れである。
ましては日本の電機、カメラメーカーも未来システムを引っ提げて米国メーカーも参入するのええある。
グローバル開発サプライチェーンを冷静に、俯瞰しないと日本企業は未来でビジネス機会を失う事になるだろう。

※関連記事:テレビ大不況「4K」は業界を救うか
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1110/24/news033.html

【ブログ内の分析検証】
●2011年10月3日月曜日
緊急分析:『4K2KTV(モニター)時代の幕開け
http://a-gd.blogspot.com/2011/10/4k2ktv.html
●2011年1月8日土曜日
シリーズ6:ハイテク日本再起動計画の提言④
http://a-gd.blogspot.com/2011/01/20114k2k.html