ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年10月24日月曜日

緊急分析:『ジャパンディスプレイ社』の未来は?

"Facebook内の分析”
これが『地獄の液晶業界の実態である。
黒字化出来ない事業破綻モデル』。
この分野に産業革新機構は中小型液晶分野の日本液晶統合と称して、2000億円強の国民の税金を投入する。
3年先に経営失敗した時に誰がこの2000億円の責任を取るのか?
民間のファンドマネジャーであれば、業界では二度と同じ仕事は出来ない規模である。
日本の産業界と日本人は冷静になるべきである。
何故ならば、この市場分野は玉砕戦に突入するのであるから・・・。

【韓国企業の最新決算評価】
2011年10月20日韓国LG Display社は、2011年度第3四半期(2011.7~9)の売上高が前年同期比6.4%減の6兆2690億ウォン(約4388億円)になったと発表。
当期損失は6880億ウォン(約482億円)となり、前年同期の2240億ウォン(約157億円)の黒字から赤字に転落した。
アプリケーション用途別売上比率はTVが47%、モニタが19%、ノートPCが14%、スマートブックが11%などとなった。
⇒この市場環境で本当に、スマートフォン用小型ディスプレイやタブレット用の中型が利益を叩き出せますか,、『ジャパンディスプレイ社』?
アセットが余りにも大きすぎる統合会社となる。

※関連記事:パナソニックの液晶工場取得へ 産業革新機構、最終調整
http://www.asahi.com/business/update/1021/TKY201110210001.html
※関連記事:パナの茂原工場取得へ 液晶新会社出資の革新機構
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/politics_economy_kiji.php?i=nesp1319246112