ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年7月13日水曜日

緊急分析:世界一奪還を目指す『東芝NANDフラッシュメモリ』

東芝セミコンダクター社の最新主力工場の四日市が完成した。
テクノロジーとキャパシティでサムスン電子と戦える体制は出来上がった。
東芝の刺客は、電力不足と電気料金値上げ、そして経済のリセッションである。
遠くない未来は、DRAMとNANDメモリの絶対数量は激減する時代が到来する。
それはブロードバンドとクラウドサービスによって引き起こされるメカニズムである。
未来システムは大きく変わる事も想定内の戦略に組み込んで置かねばならない。

※関連記事:東芝、フラッシュメモリーで世界一狙う=佐々木社長
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22156920110712

【ブログ内の検証】
●2010年7月27日火曜日
シリーズ3:日本(国)ハイテク産業への改革提言⑨
http://a-gd.blogspot.com/2010/07/3_6611.html

”Facebook内での分析”
『コリアン・バッシング』へ。
米国+日本+台湾連合がサムスン電​子に襲いかかる。
東芝セミコンダクター社(東芝)大失敗は、NA​NDFLashメモリの市場普及させる為に、サムスン電子にこの​NANDFlashメモリの特許をただ同然で提供した事である。
しかし​、サムスン電子と共にNANDを普及をしなかったならば、東芝セ​ミコンダクターと米国サンディスク社だけではここまで市場は拡大​しなかっただろう。