ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年7月26日火曜日

緊急分析:『スーパー・リセッション』の準備は整っただろうか?

”Facebook内の分析"
世界経済の『生き物としての経済先行指標』となる米国半導体メー​カーの最新の決算報告である。
欧米経済をめぐる懸念を背景に、米国大手TI社の受​注ペースが例年に比べて鈍化している。
パソコン・サーバー⇒コンピュータや電子機器​の見通しが幾分抑制されている。
世界経済をめぐる不透明感が米国​など年末商戦を盛り上げる事はない。
ハイテク業界の皆さん、筆者が未来予測を公開している『スーパー・リセション』への​対応はお済みですか?
信じる者は救われるというより、備えあれば憂いなしです。

※関連記事:米TIの第2四半期は減収減益、売上高は予想やや上回る
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-22358020110725

【通信インフラ用デバイスから見る景気指標分析⇒米Xilinx社】
2011年7月20日米国Xilinx社は、2012年度第1四半期(2011.4~6)の売上高が前年同期比3.5%増
の6億1550万ドルになったと発表した。
当期利益は2.6%減の1億5440万ドルとなった。
デバイス用途別の売上構成比率は、通信が45%、産業機器/その他が34%、デジタル民生機器/車載が14%、データ・プロセッシングが7%となった。製品分野別の売上構成比率については、FPGA Virtex-5/6などの新製品が前年同期比12ポイント増の51%と伸長ししている。
2012年度第2四半期の売上高は前期比1%増~3%減を見込んでいる。
※重​要なのはFPGAという半導体は、Xilinx社売上の通信が45​%を占有するように、『通信インフラ⇒基地局』向け機器​に搭載され、通信インフラは設備投資の一番分かり易い線​機う投資指標であり、このポイントを見ていれば世界経済​の行方が簡単の予測が立つのです。