ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年7月25日月曜日

緊急分析:『アップル社 VS サムスン電子 最新の販売シェア戦争』

"Facebook内の分析”
米国調査会社ストラテジーアナリティクスは携帯電話のシェアデー​タでは信頼のおける会社である。
このデータによれば、サムスン電子がApp​leの販売シェアを越えたとの事。
スティーブジョブズ氏のサム​スン電子に対する憎悪はさらに助長する事は間違いない。

※関連記事:サムスン電子のスマートフォン販売、4-6月にアップル抜いた可能性
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=a_0qJ7lDCNjs

【ブルームバーグ社最新報告書からの引用】
7月25日(ブルームバーグ):世界2位の携帯電話端末メーカー、韓国のサムスン電子の4-6月(第2四半期)のスマートフォン(多機能携帯電話)販売台数はフィンランドのノキアと米アップルを上回った可能性がある。
米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載した端末の人気が背景。
米調査会社ストラテジー・アナリティクスが明らかにした。
ストラテジー・アナリティクスのアナリスト、ニール・モーストン氏(ロンドン在勤)が22日の質問に対して電子メールで寄せた回答によると、サムスンの世界全体のスマートフォン販売台数は4-6月に1800万-2100万台だったと見込まれるのに対し、ノキアは1670万台、アップルの「iPhone(アイフォーン)」は2030万台だったもようだ。
「アンドロイド」端末を消費者が買い求める状況にあって、サムスンはノキアとカナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)を初めて抜き、アップルにとって最も近いライバルになる道を順調に進んでいる。
サムスンとアップルは需要急増の波に乗り、スマートフォン業界首位の地位をノキアから奪おうと競っている。
モーストン氏は、「アップルとサムスン、ノキアは三つどもえの接戦を繰り広げている。
サムスンとアップルは年内にスマートフォン業界で同様の水準に並ぶだろう」と述べた。