ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年7月29日金曜日

緊急分析:『Androidタブレット』市場規模

上記は、アーキテクトGD社の世界タブレット市場の未来予測である。
アーキテクトGD社の定義は、中国Androidタブレットを『中華Pad』とポジショニングしており、超低価格Androidタブレットは、この中華Padが大きな比率を占める。

"Facebook内の分析”
筆者の分析では、5年もかかる事もなくAndroidタブレットがi​Padを出荷数量で抜き去る。
その背景は、中国の低価格『中華パ​ッド(当社の造語)』が爆発的伸びを示すだろう。
その中に組み込ま​れるコンテンツは、イリーガルな物が多く占める。
中国ユーザーから見れば、大量のコンテンツがバンドルされたある意味魅力的なタブレットである。

※関連記事:アンドロイド搭載タブレット、5年以内にiPad抜く=調査会社
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22393420110727