ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年6月14日火曜日

緊急分析:メルトスルーから発生する最悪のシナリオ『チャイナ・シンドローム』の可能性は?

福島第一原発事故の1号〜3号機はメルトスルーしている事を日本政府も東電も認めた。
この数日間、数名単位で規定被爆量を超えた東電社員や作業員が病院に緊急搬送されている。
その内部被爆量は健康リスクを及ぼす数値である。
日本政府と東電は情報後出し、隠蔽体質のままである。
筆者が考えている最悪のシナリオ『チャイナ・シンドローム』の事態に発展する可能性は無いのか?
原子炉から高濃度放射能汚染された水が地下から海水に流れ込んでいるメカニズムは?
今だこの地下汚染の原因は特定で来ていない。
あれだけマスコミが原子力専門家をテレビに引っ張り出していたのに最近はどの番組にも出てこない。
この理由は?
そして、マスコミは決してこの言葉をシナリオとして国民に語らな事それは『チャイナ・シンドローム』である。
読者の皆さんは筆者の分析通理に福島第一原発事故シナリオも経過して来た事は事実として十分理解して頂けたであろう。
筆者は、当然チャリノブィリを超えた世界最悪の事故レベルには発展して欲しく無い。
しかし、今の開示されている情報だけではチャイナ・シンドロームを完全否定も出来ない。
何故なら、情報隠蔽しメルトダウン⇒メルトスルー⇒?なのである。
最悪のシナリオを超えた想定して置く事も戦略マーケティングの極意なのである。

※関連記事:3月12日にはメルトスルーの事態に 福島氏指摘
http://jp.ibtimes.com/articles/19565/20110612/1307880000.htm
※関連記事:チャイナ・シンドローム (映画)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A0_(%E6%98%A0%E7%94%BB)