ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年6月8日水曜日

緊急分析:『美しすぎるスパイ⇒アンナ・チャップマン』がロシアに呼び込むハイテク技術への投資

筆者の100メートル先は、ロシア大使館。
昨年、米国追放された『ロシアの美し過ぎるスパイ、アンナ・チャップマン女史』が、今度はハイテク投資呼び込みでロシアのプーチン首相に協力し、国家へ貢献する方向で動いている。
今後、チャップマン女史は新興ハイテク企業とベンチャーキャピタルの仲介役を務める計画である。
現在の新興国ロシア(資源大国)から、かつての超大国化を目指しており、これを実現させる国家中核に据えるのがハイテクである。
映画007でも最新スパイ兵器は、ハイテク機器。
米国のITを核としたサービス産業大国も基本は、軍事ハイテク技術の民間転用である。
ロシアは、米国の主要なハイテク企業にも投資をしている。
その代表事例は、デジタル・スカイ・テクノロジーズ(DST)社、この企業は最近よく耳にする名前だろう。
DST社は、ベンチャー・キャピタル、それもロシアを拠点とする”ロシア最強のハイテク投資企業”である。
DST社は、2%に近いフェイスブック社の所有権を取得しているが、社員や他の先行投資家からも株を買い取って、所有率は現在5%近くにも達するとされている。

日本のハイテク企業や日本政府はインテリジェンスに弱いので、このような情報を正しく理解し、分析しようとする者は少ない。
ハイテク投資は国家を支えるものである。
日本の産業革新機構はハイテク投資素人集団である。
これでは、ロシアと中国のハイテク投資企業には勝てる訳が無い。
勝つために重要な事は『インテリジェンスとハイテク技術の目利きとそれを活用した未来アプリを創造』出来る能力を持つエスパーを抱える事が出来るか?どうか?である。

※重要記事:美し過ぎるスパイ、今度はハイテク投資呼び込みでロシアに貢献へ
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid=aIp__EdbRWcg
※重要記事:フェイスブックにも出資!ロシアから来た新参者が米SNSを次々に買い漁る狙い
http://diamond.jp/articles/-/4489