ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2013年2月21日木曜日

緊急分析:米国政府のサーバー戦争への備え

"Facebook内の分析" 米国ホワイトハウスは、サイバーアタックに関する警戒を高め、自国と国内企業を守る法律を強化する。 流石に、テクノロジーの未来と戦略を理解している米国の早い動きである。 近未来はテクノロジーを知らずして、国家経営も戦争(基本回避すべき事)も出来ない。 最終判断する政治家もテクノロジーのブレーン、軍師をつけないと判断を誤り、国を滅び事になる。 テクノロジーでビジネスを稼ぐ出し、テクノロジーに翻弄される人間と国家。 筆者の未来予測からは誰も回避できない。 米国は、適切にその対応を進めている。 結論は、サイバーアタックは「宣戦布告とみなす」となろう。これが近代戦の末路となる。 ※関連記事:米政府が企業秘密の積極的保護を表明、中国など念頭か http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE91K01220130221