緊急分析:次世代テクノロジの落とし穴は健康被害(グラフェンは、カーボンナノチューブ)

次世代ハイテクの切り札にも落とし穴がある。 米国Brown University(ブラウン大学)の研究グループによると、未来の半導体材料として期待されているグラフェンが、生体細胞の機能を破壊する細胞毒性を持つことが明らかになったという。 この研究結果が、他の研究機関からも実証されることになれば、グラフェンは、カーボンナノチューブとともに、危険物として分類される可能性がある。 ※関連記事:http://eetimes.jp/ee/articles/1307/25/news051.html

このブログの人気の投稿

日本への未来予言

シリーズ3:日本(国)ハイテク産業への改革提言⑨

シリーズ2:日本半導体産業復活のソリューションと警鐘 ⑨