ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2013年4月3日水曜日

緊急分析:SNSの台頭で米国自動車市場にも変化が顕れる

Facebook内の分析 米国の若者の動向調査(米国政府統計)するとここ数年で14~34歳の年齢層は運転免許を持っていない比率が高まっている。 大きな理由は不況と中間層が貧困層に落ちている事、失業率が以前高止まりしている、仕事がない⇒職場に行く必要がない⇒自動車で通信する人が減少している。 これ以外の要因は? 仕事に就いている若者でも最近の傾向として、以前より車の運転をしなくなっている事も事象として顕れている。 この背景にはブロードバンドITインフラ普及と"SNS"の台頭が関係しているものと思われる。 人のコミュニケーションは、以前ほど直接会わずに、メール、チャット、スカイプ、SNSなどの代替え手段を活用している。 特に、デジタルネィテブ世代はこれに該当する。故に、金銭だけでなく、デジタル社会へのシフトで、米国でさえ自動車を運転する機会が減少していると筆者は分析している。 更に、大きな社会変化は米国も高齢化社会に向かい高齢者は運転をしないという事もある。  「自動車が成長分野と突き進むモデル、経済依存は極めて近未来は危ないという事を警鐘しておこう」。 現在の自動車メーカーはテレマテマテッスシステムか開発に主眼を置いているが、日本自動車メーカーの開発は米国ほどうまくいっていない。 それは何故か? ITと通信、そのクラウド処理技術が弱いからである。 今後自動車メーカーはSNSで自らのオンライサービスを立ち上げ、ストリーミングの音楽、映像配信(ロケーションの地域と連動した情報配信は当たり前)の双方向のテクノロジーを必要とする。 これを実現するのは「半導体」である。日本半導体敗北は、近未来の日本自動車の敗北となる事も警鐘しておこう。