ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2013年3月15日金曜日

Facebook内の分析 日本はアフリカの拠点は何処におくのか? 日本ハイテク産業界は戦略視点で考える時期だろう。 既に韓国サムスン電子や中国勢は拠点を作りネットワークを構築中である。 アフリカと日本の距離は遠く日本は中継点として欧州かトルコに信頼関係を強固にすべきである。 何故か? アフリカの中間層は3.3億人。 南アフリカ、モザンビーク、ケニア、ナイジェリア、ガーナは成長地域となった。 アフリカの携帯電話契約数は2000年の1500万台から2010年には5億台、ローエンドではあるが今後急速にスマートフォンなどモバイル端末にリプレイスがかかる。 アフリカでもモバイル端末は生活の必需品となった。今ではマサイ族も携帯電話で会話をする時代。 巨大市場の開拓は自ら行うもの。今回の日揮の事件は不幸な出来事だが、日本国が東アジアだけでなく、アフリカにも積極的に関与する時が来た。 中国は資源外交だけでなく、ファーウェイ社会やZTE社に通信インフラ整備を展開させている。か ※関連資料http://www.jetro.go.jp/world/africa/seminar_reports/pdf/201212_material_oki.pdfhttp://www.jetro.go.jp/world/africa/seminar_reports/pdf/201212_material_oki.pdf