ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2013年2月5日火曜日

緊急分析:2012年世界半導体予測(売上高・成長率)は誰が正しかったか?

2012年世界半導体市場予測(成長率)の答え合わせをそろそろ行いましょうか? 昨日、米国半導体工業会(SIA)が2012年世界半導体市場規模を発表を行った。 筆者の世界半導体予測は、クライアントとFacebookにユーザーには全て、情報開示している。 この程度の半導体市場予測で、費用を頂こうないと思ってはない。 "Facebook内の分析" ‎2012.4月時点(豊崎分析)世界半導体市場予測+成長率。 筆者アナリストの仕事では、年1回しか各分野の市場予測はしない。 アナリストたるもの自身の読みを後で、上方・下方修正するなど見苦しい。 SIA、2012年世界半導体成長率はマイナス2.7%。(添付グラフ)私の世界半導体成長率は昨年の12012年4月予測で"マイナス2.5%"。 ほぼ近似値であった。 昨年の同時期の業界団体と調査会社全て"プラス成長で、2012年が過去最大の売上になると発表した"。 世界のアナリストでこの時点での「マイナス2.5%」成長率は私一人であった。 さて、業界の皆様、どうですか? 未来を正しく読み当てる精度も戦略マーケティングに求められるもの。 ※関連記事:2012年の世界半導体売上高、前年比2.7%減の2916億ドル=米国半導体工業会 http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPTK832422520130204