ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2012年4月4日水曜日

緊急分析:好調な米国自動車市場の背景は?

"Facebook内の分析”
米国経済が回復に見える1つの要因は自動車消費が伸びている。
何故、自動車販売が好調なのか?
それは社会情勢の不安定による原油高⇒ガソリン価格上昇が背景にあると分析している。
米国国民は日常生活に車が直結しており、足の一部でもある。
よって、米国国民の燃費重視スタンスの強まりを燃費のいい車に買い替える(エコの意識より、家計側の都合)需要が強く反映している。
この事は、日本自動車メーカーが低燃費・エコ(自動車+タイヤの総合力)を得意としていること考えれば、日本車の復活(⇒日本経済の一部下支えの構造)になると見られる単純にはそうはならない。
それは、韓国自動車メーカー現代グループ(現代と起亜)が日本のホンダのシェアに止まらず、トヨタをも侵食し始めているからである。
日本経済を再起動するには、経済及び産業敵国の韓国企業快進撃を抑制する戦略が必要であり、これは日本の保守党が産業政策と韓国金融支援政策を抜本的に見直し、中台+日本でまずは韓国包囲網を作る事が重要である。
これが実現出来れば日本はV字回復を見せ、10年間の持続的成長可能な国家に戻る事が可能である。
その為には、実業界でグローバルで戦った事にある官僚でない軍師を呼び込む事である。

※関係記事:3月米自動車販売は12.7%増、買い替え需要で回復ペース

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE83206520120404