緊急分析:米国Apple社が米国モトローラモビリティ社の特許侵害

米国際貿易委員会(ITC)が2012年4月24日、米国アップル社のiPhone、iPadなどの製品がモトローラ・モビリティ社(現グーグル社の子会社)の特許1件を侵害しているとの暫定的な判断を示した。
侵害との判断が下されたのは、音声・データ送信時に雑音などの障害を取り除く特許である。

※関連記事:アップルが特許侵害=米機関が仮決定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120425-00000026-jij-int
※関連記事:米アップルがモトローラの特許侵害、ITC判事が暫定判断
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTJE83N01U20120424







このブログの人気の投稿

日本への未来予言

シリーズ3:日本(国)ハイテク産業への改革提言⑨

シリーズ2:日本半導体産業復活のソリューションと警鐘 ⑨