ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2012年4月25日水曜日

緊急分析:世界太陽光発電市場の年間平均成長率は9.6%

"Facebook内の分析"
台湾ハイテクメディアのDigiTimes社によれば、2012~2015年の世界太陽光発電市場の年間平均成長率(CAGR)は9.6%になる。
2011年は供給過剰で太陽電池の価格が急落し、この市場内で多くのサプライチェーンが大きなダメージがあった。
2012年は、欧州などでフィードインタリフ(FIT)政策の見直しなどが行われるものの、日本、中国、インド、米国では需要が旺盛で、欧州市場の低迷を相殺すると見られる。
この需要は、特需である(官製需要)
2012年のPV市場は前年比9.4%増の28.5GWまで拡大する見通しである。