ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2012年2月27日月曜日

緊急分析:iPad3の登場でデジタルコンテンツ産業が成長し、アナログコンテンツ産業のサプライチェーンは終焉を迎える

"Facebook内の分析"
‎2011年4Qのモバイルとタブレットの世界シェアは?
液晶パネルデータでは精度の高い米国調査会社DisplaySearch社は、2011年第4四半期のタブレット型端末とノートPC+モバイルPC市場の出荷動向について発表した。
米国Apple社の出荷台数は前年同期比128%増の約2340万台。
このうちiPadが80%以上を占めており、同156%増の1870万台以上となった。
モバイルPC市場のメーカー別世界シェアは、1位がApple社で26.6%を占めた。
2位は米Hewlett-Packard(HP)社で9.9%、3位は米Dell社で7.9%、4位は台湾Acer 社で7.7%、5位は中国Lenovo社となった。
筆者の分析としては、Apple社の構成比を見ればユーザーのモバイルユースはPCからタブレットにシフトしている事が分かる。
2012年に発売されるiPad3は解像度はiPhone4(s)と同等になり、人間の分解能を超えるタイトなものとなる。より、高精細でより映像が綺麗に見える。
コンテンツビジネスの世界もApple側とAmazon側にわかれる。
B2B、B2Cをどうターゲットにするかでビジネス成長が変わる。
紙媒体の新聞や広告、雑誌はiPad3の映像表示能力で必要無くなり、デジタル変革の恐ろしさを思い知らされることになる。
大手広告代理店と制作会社、出版社の時代も終焉を迎えつつある。