ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2012年2月1日水曜日

緊急分析:韓国サムスン電子をEUが独占禁止法での調査へ

"Facebook内の分析"
欧州EUでのサムスン電子の独占禁止法違反に向けての動きを解説しましょう。
EUは、韓国サムスン電子が独占禁止法に違反していないか調査していることを2012年1月31日明らかにした。
昨年サムスン電子、同社が保有するモバイル標準特許の一部を侵害したことを理由に、複数のEU加盟国で米国Apple社を提訴した。
サムスン電子は、1998年に欧州電気通信標準化機構(ETSI)と"3G"に関する標準特許を乱用しないことを約束しており、欧州委員会は、昨年の特許侵害を理由とした訴訟が、欧州のETSIとの約束に違反していないかを中心に調査を進めるとしている。
日本の総務省と経済産業省は、NTTドコモとのLTEに関する共同統合会社にストップに掛けるべきで、サムスン電子の連合参入は、日本国の不利益に繋がるであろう。
全ては、サムスン電子にコントロールされる事になる。

※関連記事:独禁法違反でサムスン電子の調査開始…欧州委
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120131-OYT1T01300.htm