ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2012年2月13日月曜日

緊急分析:中国市場を強化する日立製作所の戦略は正しい!!

"Facebook内の分析"
日立制作所のコンペチターは、独シーメンス社。
彼らは、中国との関係構築済みである。
今、世界で成長出来る市場は、唯一中国。
これを避けるものが企業の死を意味する。恐れは何か?つまらない人脈を掴まされ、本当の中国の権力者と会話していないのである。
ここを探り出すのもインテリジェンス能力とロビー能力である。
日立製作所は、2015年度の中国での売上高を2010年度比で約1.6倍の1600億人民元(約1兆9400億円)に拡大することを目指す中国事業戦略 2015を策定したと発表。具体的な施策は、省エネルギー・環境分野でのパートナーリングの強化、電力システムや鉄道システム事業などでの現地化の推進・拡大、伸長分野への対応、地域戦略。
社会イノベーション事業を中心とした事業展開を加速するもの。アジア・パシフィック地帯における現地司令塔機能を強化するため、4月1日付で日立グループ中国・アジア地区総裁を新たに北京に設置する。
東芝は、大中華室を数年前から設置している。
日本の前に欧州ドイツは深く中国と握っている。
軍に譬えると日本企業は歩兵を中心とした陸軍、ドイツは機動性の高い空軍の空挺師団。
戦略拠点を空から俯瞰しながら落とし策。これがドイツと日本企業の差である。