ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2011年1月13日木曜日

シリーズ6:ハイテク日本再起動計画の提言⑥

日本はガラパゴスから『エルドラド』へ向かう、日本のハイテク経営者よ攻めの投資リスクを取り海外企業と戦え!
昨日、筆者は徳川宗家19代目の徳川家広先生と会食をさせて頂いた。
仮に、今江戸幕府が続いているなら、本当の将軍様(征夷大将軍)である。

※関連記事:徳川家広
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E5%BA%83

私の宴席での進言は、恐らく無礼であったであったはずなので、江戸時代なら確実に御手打ちになったであろう。
昨日の徳川先生との会話の中身を、このブログに書けないのが大変残念なことだが、未来の日本国と世界情勢の見えているものは、私の予言と恐ろしく一致してしまった。
未来予測の一致した内容は、アーキテクトGD社のWEBサイトのコラボレーション・スペースに予言していたものであった。

※:↓無償会員登録
http://jsgi.jp/

徳川先生が出筆し、既に出版されている『自分を守る経済学』を読者の皆さんも購読して読まれるとご自身の未来像が見えてくるはずである。
実は、昨日徳川先生からこの本を頂き、面白くて半日でのめり込み読んでしまった。
因みに、私はエレクトロニクスなど専門書以外、まったく本を読まない人間なのである。
そういう人間が読破したということは、奇跡の書かも知れない。
(以前に、私がカーライル社との取引交渉前に読んだダン・ブリオディ氏の本「戦争で儲ける人たち」も徳川先生の翻訳であった。)



※関連記事:自分を守る経済学 (ちくま新書) [新書]
http://www.amazon.co.jp/%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%92%E5%AE%88%E3%82%8B%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%BE%B3%E5%B7%9D-%E5%AE%B6%E5%BA%83/dp/4480065830

※関連記事:「戦争で儲ける人たち」
http://www.amazon.co.jp/%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%A7%E5%84%B2%E3%81%91%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E2%80%95%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%92%E6%94%AF%E3%81%88%E3%82%8B%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97-%E3%83%80%E3%83%B3-%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%87%E3%82%A3/dp/4344004671


徳川先生と別れ際に交わした言葉は、日本ハイテク産業を”ガラパゴス”から救いだし、”エルドラド”へ導こうであった。
そして、日本で蔓延しているガラパゴスということを全て捨て去る必要がある。

※関連記事:エルドラド
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%89

日本ハイテク産業界の皆さん、マスコミのプレシャーは気にせず、自信を持って(リスクを取り)、顔をあげ見てまっすぐ大きく一歩を踏み出しましょう。
(何故顔を上げてなのかの理由は?私が、半年前の中国政府関係者の要人との会食の席言われたことは、「豊崎さん、確かに日本は清潔で、人は親切で、安全で、綺麗な国。1週間程度は滞在するのは良いが、2週間も滞在していると気が滅入る。それは、ほとんどの日本人が、下を向いて街中を歩いている。中国で、中国人は1人もいませんよ。今の日本の自信のなさかが良くわかります。日本は、マスコミが弱い者を叩く慣習、一般の日本人はマスコミの情報が正しいと思っている。このことで、日本は自ら自信喪失し、メンタルの部分からも日本人は、自ら不景気病を作り出している。高度成長時代の日本人は、未来に向かって顔を上げれまっすぐ、足早に歩いいたはずですよ。そして、政治家もマスコミも今ほど劣化もしていなかった。」

これが、日本ハイテク産業復興の第一歩となるはずである。