緊急分析:オリンパスの支援企業はソニーで最終調整に向かう

ソニーは、ライフサイエンスを新規事業として創出しようとしている。
その流れで見れば自然だろう。
富士フィルム支援型ならば、内視鏡分野で独占禁止法がクリヤー出来ないはずである。

※関連記事:ソニーを軸に最終調整!オリンパス業務提携先めぐる交渉で週内にも記者会見
http://diamond.jp/articles/-/15791

このブログの人気の投稿

地球からの最期の警鐘:人類滅亡のタイマー始動③⇒『MABIKIプログラム』

日本への未来予言

緊急分析:ヘルスケアと医療の現実と超未来予測