ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2010年8月5日木曜日

シリーズ4:日本半導体要素技術の『明暗』の評価 ➁

▮AGDの予測シナリオ通りに、健康被害が出始めた3D映像ビジネスのリスク
20105㋄のブログ、シリーズ2:日本半導体産業復活のソリューションと警鐘 ➂ ▮3D映像ライブを体感報告、3Dビジネスは「諸刃の剣」やjsgi.WEBの”コラボレーションスペース”(本年㋈まで無償会員にも開放)内「3Dコンテンツ&テレビの実用化に向けて」で警鐘していたことが、国民生活センターに健康被害として報告され始めた。
エレクトロニクス業界も抑えが利かなくなり始めている。
日本の隠ぺい体質は、下記の事例のようなことを引き起こしかねない。

※関連記事:松下の石油ファンヒーターで死亡事故
http://blogs.yahoo.co.jp/brochory/18568742.html

★↑上記以外にもAGDは世界半導体未来予測のシナリオに3D健康被害、係争問題(健康・損害賠償請求)、規制時期予測などを想定していた。
本ブログ内でもシナリオを公開している。

※関連記事:3D映画見て体調不良訴え 国民生活センターに相談5件
http://www.asahi.com/national/update/0805/TKY201008050004.html

下記↓記事は、ソニーの米国の技術者が内容を書いたとされる記事である。
(記事としての発信は、英国である)

※関連記事:”Why bad 3D, not 3D glasses, is what gives you a headache”
http://www.pcpro.co.uk/blogs/2010/08/02/why-bad-3d-not-3d-glasses-is-what-gives-you-a-headache/

サムスン電子も販売開始後、すぐに消費者に向けて注意を促している。
同社の警告は、次の通りである。
(~抜粋引用~)
3Dテレビの視聴によって発症する恐れがある重症疾患をリストアップしている。
中でも最も重症とされるのが、脳卒中やてんかん発作だ。また、特に幼児から10代の子供が注意すべき症状として、視覚異常や立ちくらみ、目まい、眼球の異常な動きや筋肉のけいれんなどの不随意運動、精神錯乱、吐き気、ひきつけ、けいれん、見当識障害、認識力の喪失などを挙げている。

3Dテレビが健康に及ぼす比較的軽度な悪影響としては、乗り物酔いや、知覚への後遺症、眼精疲労、姿勢の安定性の低下、頭痛、けん怠感などがあるという。

※関連記事:サムスン電子、3Dテレビが健康に悪影響を与える可能性を警告
http://eetimes.jp/news/3879

このブログではあえて、今までのようのに『解』も示さず、多くは語らない。
AGD社のコンサルティングで、契約クライアントに今後の起こり得る問題を時間軸で証明しながら、参入の是非をアドバイスしている。

読者の皆さんも、真剣に考えて頂きたいテーマである。
日韓TVメーカーが参入し、プロモーションしている3DTV(液晶・PDP)が何故、米国大手企業が3Dシステムのビジネスに慎重なのか?
3Dは、1つの麻疹みたいな流行り病のような一過性のブームでしかない。
このブームは、ユーザーやコンテンツ業界を無視した日韓エレクトロニクス業界が強制的に作り出そうとしている市場である。

※関連記事:3Dディスプレイ市場は年率38%で成長へ、アナリストが予測
http://eetimes.jp/news/3587

米国は、PL、取り分け製品責任問題、非常に厳しい。
米国企業は、果たしてこのリスク懸念だけで、参入しないのか?
ここは、深く裏読みして欲しい。
日本TVメーカーも3DTVを開発完了していて、サムスン電子より先に製品発表しなかったのか?
それは、健康被害のリスク懸念である。
何故、参入したのは、日本のライバル企業が発表したので、追従策しかなかったのである。

筆者の簡単なシナリオを公開しておこう。
長期経営戦略無き、追従の製品投入した日韓TVメーカーはリスクを自ら抱え込んだのである。
対する米国は、Google TVでネットワークベースの超高精細マルチ情報ステーション(4K相当)としての新コンセプトのTVを超えた新ガジェットを世に送り出すだろう。
これは、筆者の3年前からのコンセプトで、Google が開発コミットしたものではない。
日韓メーカーを撃破するのであれば、この戦略が効果的であろう。
そして、これから大きくなる健康被害を背景に2D 超高精細で、アップル社が日本のアナログオーディオメーカーを一瞬で撃破したように、新興Google が第2のアップルとなり、米国は未来TVで米国メーカーが復興するであろう。
かっての米国GE/RCA社がブラウン管アナログTVメーカーであったように・・・。

3DTV分野にビジネス効果をもたらす分野は、アダルト業界である。
既に、性的欲求を高める3D効果のある映像コンテンツを制作中である。

このように3D分野は、医療応用以外(外科手術)は、一般の消費者(特に、未来ある子供たち。しsて、超高齢化社会を迎える大国ニッポンは、目が悪い老人が多くなる。近視も人口の7割存在。)には、にもたらす「プラスの恩恵」は、何1つなく(正確には1つの分野は社会貢献出来る)、もたらすのは「負の恩恵」である。

3Dのアダルト応用は、性犯罪を助長することなるだろう。
”金儲け”の考えのない安易な3Dビジネスは、ここに参入している企業の倫理観の欠如、いわゆるモラルハザード”を起こしているのである。
例えは、悪いが健康被害のリスクが分かっていて、民生市場に投入する3DTVは、『ヒト免疫不全ウイルス (HIV)で大きな社会問題を引き起こした、のミドリ十字のフィブリノゲン問題(非加熱製剤)と同じ事である』
マスコミは、大きなCM料を支払うスポンサー企業に配慮し、3Dリスクを大々的には語らない。

志がハイテク新党である読者の皆さんは、市民運動を起こすべきであり、民主党政権にプレシャーを掛けれる絶好の機会である。
薬害HIVで謝罪をしたのが、当時の管厚生大臣あでり、3Dによる健康被害リスクで責任追及すべきは、管首相である。
人は、輪廻なのである。

筆者は、過去に関西TV連合構想という提言を行った。

これは、シャープ側の経営危機でパナソニックが日本国連合として助けることと韓国TVメーカーと対抗する戦略シナリオである。(そして、このトリガーとなるのは、堺工場投資・供給パートナー問題:東芝とソニーがシャープとの提携解消や台湾・中国・韓国との連携、米国での3D健康被害なども未来訴訟シナリオを想定)

※関連記事:半導体ウォッチ(7)TV業界再編、次はシャープと松下の関西大連合か 2008/1/15
http://monoist.atmarkit.co.jp/feledev/articles/siliconeswatch/07/siliconeswatch07a.html