ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2012年3月19日月曜日

緊急分析:新型iPad搭載A5Xを分析する

"Facebook内の分析"
新型iPadチップA5X、はA5よりチップサイズが30%増加(製造プロセスは恐らく45nm/米国FABサムスン電子ファンダリー)。
A5Xのチッサイズは163mm2である。
A5のチップサイズは122mm2。
増加した分はGPU強化。
A5XはGPUとして新たにImagination Technologies社のクアッドコア品PowerVR SGX 543MP4を集積、これがチップサイズの増大になっている。
この新採用のクアッドコアGPUは、A5Xのチップ上ではデュアルコア構成の2つの回路に分割。
読者の皆さんの初めて半導体チップを見られる方がいるはずなので是非ご覧下さい。

関連記事:第3世代iPadを分解、新型プロセッサ「A5X」と従来品の差異が明らかに
http://eetimes.jp/ee/articles/1203/18/news007.html