ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2012年3月22日木曜日

緊急分析:最新の世界太陽電池市場動向

"Facebook内の分析"
太陽電池は社会インフラ、そしてビジネスモデルは、国家政策の官製需要"FIT制度"しか成立しない。
太陽電池の普及は、税金投入でした産業構築は出来ないのである。
米国調査会社NPD Solarbuzz社によれば、、2011年の世界の太陽光発電市場が前年比40%増の27.4GWに達したと発表した。金額ベースでは前年比12%増の930億ドルとなった。
その国別の上位5か国はドイツ、イタリア、中国、米国、フランスで、この5か国で2011年の需要全体の74%を占めとされている。
特に中国は、前年比470%増と急拡大し、2010年の7位から3位にランクアップした。
(これは中国版FIT制度が要因している)
欧州は18.7GWとなり全体の68%を占めたが、2010年の82%からシェアを落とした。
(これもまたFIT制度が要因しており、買い取り価格を下げた)
また、ドイツ、イタリア、フランスは欧州市場全体の82%を占めた。
一方、2011年の太陽電池セル生産量は前年比28.3%増の29.5GWとなり、このうち薄膜太陽電池は11%を占めた。
(薄膜太陽電池は徐々にシェアを上げ始めている)
中国・台湾の生産量は全体の74%を占め、前年比11ポイント増となった