ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2012年3月22日木曜日

緊急分析:サムスン電子初の中国FABは西安

"Facebook内の分析"
韓国サムスン電子が中国にNAND Flashの最新鋭FABを建設する。
場所は、中国で初となるサムスン電子の半導体(FAB)工場を陝西省の西安。
10nm級ノードプロセス技術(恐らく14nmターゲット)を利用した生産ラインの建設を年内に開始する計画で2013年の生産開始を目指す。
同工場の規模が4兆ウォン(35億米ドル:3000億円規模)─5兆ウォンになる。

関連記事: 韓国サムスン電子、中国初のチップ生産工場を建設へ
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYE82L00L20120322

"Facebook内の分析(更新)"
韓国サムスン電子の最先端FAB投資は、中国陝西省西安市に半導体工場を建設する。
2012年4月2日サムスン電子は、、取締役会を開き、中国の半導体製造工場の建設地を西安市とすることを最終的に決定した。
NAND型フラッシュメモリの設備投資、第1段階として23億米ドル(約1888億円)を投資すると発表。
同社は生産ライン建設のため、数年以内に最大計70億米ドル(約5700億円)を投資する計画。
サムスン電子にとって、の海外の半導体生産ラインに対する投資規模としては、過去最大となる。
そして、その投資先国が中国である。
これは、近未来の中国政府によるローカルコンテンツ政策を見越した戦略であると筆者は見ている。
サムスンで電子が中国西安の地に、最先端FABの建設地決定の背景について主な顧客となるグローカル企業の生産や研究の拠点が西安市周辺(大f学も含む)にクラスタリングされているからであろう。
西安は、中国国内でも比較的電気や水道などのインフラも整備され安定している。
現在サムスン電子は、韓国国内では京畿道竜仁市器興区と同道華城市に16つ、米国ではテキサス州オースティンに2つ、計18カ所のFABのラインを稼働させている。