ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2012年5月25日金曜日

緊急分析:ルネサスエレクトロニクスの終末、MCUをTSMC社へ生産委託でファブレス化

今回、ルネサスエレクトロニクスついて分析しょう。
既に、Facobookではリアルタイムな分析を公開している。

"Facebook内の分析"
米国HP社の27000人の大リストラ発表した。
日本のルネサスエレクトロニクスも本来は現在の人員を半分にそぎ落とした再生計画でないと、2年以内のエルピーダメモリと同様の突然死が襲う可能性がある。
一旦、リストラをやると経営側が決めたら大胆かつ迅速に、そして未来市場対応型に事業再編(創出)をし、リストラした社員を再雇用するくらいの事は考えておくべきだろう。
米国流リストラを真似るのはいいが、米国企業は再生の為のリストラで、延命のリストラではないのである。

"Facebook内の分析"
ルネサスエレクトロニクスのマイコン(MCU)までもTSMC社生産委託。明確な戦略なしに、みかけのコスト削減でのファブレス化は、終焉に向かっているとしか思えない。
この戦略ミスの間隙をついて来るのは、米国フリースケール社と米国TI社であろう。

※関連記事:米HPが約2.7万人のレイオフ発表、2─4月期は前年比31%減益
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYE84M06Y20120523
※関連記事:ルネサス、マイコンも台湾TSMCに生産委託
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYE84N05820120524