ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ

2010年10月28日木曜日

シリーズ4:日本半導体要素技術の『明暗』の評価 ⑮

▮半導体専門のマスコミ発言は、業界に責任を持って欲しい
このブログでも指摘し、検証を続けているが、9月の答え合わせをしたいと思う。
下記(赤文字)は、半導体専門媒体発行する業界で、著名なI氏のブログである。
この大パニックの恐れは、間逆で「半導体産業が再リセッション突入」ということであれば、正解であったが、大好況で製造装置が足りなくなり、そして『大パニック』になるというものである

【検証➀:2010年下期は再リセッションにより製造装置・半導体業界は大パニックにならず】
関連記事:サムスン電子の業績が頭打ちに、今後は半導体などの減速が圧迫
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-17906920101029

この予測は、ノストラダムスの大予言の1999年の恐怖の大王の予言級であった。
さて、結果は?

関連記事:ノストラダムスの大予言
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%80%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%A4%A7%E4%BA%88%E8%A8%80

読者の皆さんは、ご自身の判断で、どの情報や分析を信じるか?
一番良いのはご自身で、未来を見通す力を身につける事である。

筆者は、オピニオンリーダーで責任ある立場で、マスコミとしてI氏発言は、業界に大きな影響を与えるということである。
この予測は、I氏が導き出したものではないだろうが・・・。
日本半導体産業界には、正しいメッセージを伝えて欲しい。

※ブログ記事:半導体産業は9月にも大パニックの恐れ~製造装置が全く足りないという懸念
https://www.semiconportal.com/archive/blog/insiders/izumiya/100304-investment.html

【上記↑の記事を検証➁】
国際半導体製造装置材料協会(SEMI)が10月21日発表した9月の北米半導体製造装置メーカーのBBレシオ(出荷額に対する受注額の割合)は1.03となり、8月の1.17から低下した。
受注額は16億2000万ドルと前月比11%減。2カ月連続で減少した。
受注額は2009年10月以来、大幅な増加が続いていた。